情報開示方針

適時開示の基本方針

当社は、株主、投資家の皆様に適時、適切な会社情報の開示を行うことを基本姿勢として、金融商品取引法上の重要事実(ただし、軽微基準に該当するものを除く)または、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則)(以下「適時開示規則」といいます。)上の開示要件に該当する未公開の会社情報(決定事実、発生事実、決算に関する情報等)をインサイダー情報とし、当社の定める基準に従い、適時開示を行っております。
なお、適時開示規則における開示義務事項に該当しない場合でも、当社をよりご理解いただくための有益な情報につきまして、積極的に開示を行う方針です。


適時開示方法

適時開示規則に定める開示基準に該当する会社情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報システム(以下「TDnet」といいます。)にて公開しております。TDnetにより公開した情報につきましては、できる限り速やかに自社のホームページにも公開しております。
なお、適時開示規則における開示義務事項に該当しない、その他の会社情報を開示する場合につきましても、適時開示の趣旨を踏まえて、適切な方法により公開しております。


適時開示の社内体制

エイベックス・グループにおける適時開示に関する業務及び未公開の重要情報の管理、統括業務は、情報取扱責任者である代表取締役CFOが行っております。
情報取扱責任者は、未公開の重要情報につき、当社の定める基準に基づいて常務会に付議し、さらに当該情報の内容に応じて取締役会に付議した上で、当該情報を代表取締役社長CEO名により速やかに公表することとしております。


適時開示に係る社内体制概要図

適時開示に係る社内体制概要図